• 2021/02/16 確信したこと(CLINKFを1年間運営して)

    コンサルタントを入れてBusiness Outputを出すには・・・
    2つしかパターンが無いと思っていて実証してきた。

    ・経営者(経営を知っている役員)がコンサルタントを使う
    ・会社が経営を知っている(経験している)コンサルタントを使う
    この2パターンのみに、やはり落ち着いた。

    前者だと、コンサルティング会社に依頼しても使う側が優秀なのでBusiness Outputに繋がるが、コンサルティング会社に所属しているコンサルタントは経営を知らず「軸」が不足している且つ「感度」が低いので、網羅性担保や攻め時は発注者側が考えるしかない。このバランスが崩れると無駄な投資になる。コンサルティング会社側のPLが経営者でマネジメントが行き届いていれば上手くいくパターンも見てきた。いずれのパターンも、「経営者がコンサルタントを使う」である。

    後者は、発注者側が予算を持っているが経営を知らず、コンサルタントへの依存度が高いパターンである。これが、今日本で主流になっている企業へのフリーコンサルタント紹介でマージンをガバガバ抜く営業会社の温床になっているレイヤーである。しかしBusiness Outputを経営目線を持って出せるコンサルタントが世の中にはそうは存在しないので無駄な投資が多い。

    この市場に7年前から気付いていて、CLINKF(クリンク)を起ち上げた。市場は酷くなる一方だがウチはポリシーを曲げずに、
    ・超絶優秀なコンサルワークが出来るコンサルタント
    ・経営を知っていてBusiness Outputを出せるコンサルタント
    のみDBに登録しビジネスを行っている。後者は自身でも色々動いている方々なので契約上の工数確保が難航する一方、「Outputが出せる=時間調整が上手い」というデフォルト能力が備わっており、前に進めてみると結果的に良かったというのが多い。

    Dice Linkの名の通り、ウチと関わるクライアントとフリーコンサルタントには、理念・本質を伝えうねりを起こし続けたい。

  • 2020/09/07 経営コンサルティングと事業の両輪

    経営コンサルティングは、自身で事業を経験しないと本当の意味で出来ないと思い、ダイスリンク株式会社を立ち上げ7年目。全てが凝縮した形で花開き始めている今現在。

    経営コンサルティングにおいては、経営者・株主と会話しグローバルでの全社改革を。
    そんな中新たな事業投資を決定しビジネスモデルを構築しつつ並行してTry & Errorを。
    そして経営コンサルティングプロジェクトの1つ、事業戦略を描く際に自身の事業の経験を。

    こんなスパイラルを生みたいなと思い起業して、7年目で実現出来ている。

    そしてもう1つ。
    人間的に優秀な人とパートナーシップでOutputを出していきたいなと思い立ちあげたのが、「CLINKF(クリンク)」。
    コンサルタントは資格も無いし、勘違いした人材が蠢いている業界なので、独自の軸でフィルタリングし残った少数と共に経営コンサルティングを。
    自身が仕事を取ってきてメンバーにイキイキと捌いてもらう、そんな絵も実現出来ている。

    情熱と戦略の2軸が両輪で回れば上手く行くと信じており、経営コンサルティングのクライアントである経営者の方々にも同じメッセージを出し続けている。思いを持って頂き、戦略は我々ダイスリンクが担うというバランスも実現出来ている。

    ふと振り返ると、凄いなと思う。幸せだなと思う。
    ただそれは一瞬の振り返りとして、今関わっている方々と成長し更なる高みを目指すと共に、自身の能力の限界まで拡大してみようと思う。

    まだまだ走り続けます。

  • 2020/05/13 登録人数50名を超えて思う事

    350名超の登録依頼を頂き、面談し、本当にクライアントにOutputが出せると判断できた方々は50名・・・

    如何に市場がバブっていたかを物語っています。レジュメがキラキラでも面談で突っ込むとスムーズに回答出来ない方、要は盛ってる方が大半。

    そもそも、コンサルタントの特性を持っている方が市場にそんなに居るはずがなく、数千・数万の従業員を抱えているファームがオカシイのは在籍時代から感じていたこと。

    ここに来て市場に出回る案件数が激減し、本当に活躍出来る方のみ残る時期が来たのではないでしょうか。

    様々な相談を頂いておりますが、全て真摯に、このスタンスを理解頂いている登録者(パートナー)の方と共に応えていきたいと更に強く思いました。

  • 2020/02/24 事業家・経営者としてリスクを取ったことがあるという重要性

    CLINKF(クリンク)をローンチして1ヶ月が経過した。

    フリーランスの登録数30件、市場と同じく案件過多の状態。案件内訳は、事業会社メインで戦略やPM案件がほとんど。コンサルティングファームへの営業は行っておらず、過去にPJベースでご一緒した方々からの直依頼のみである。

    事業会社からの依頼が多いのは、単なるファーム出身者だと事業・経営を分かっていないと発注者側も分かっているためである。短期で戦略レポートがあがってきても、ビジネスを知らない人間が書いたレポートは単なる参考情報にしかならず、ビジネスを後押しするものではない。もちろん、ファーム出身者が自身で会社を経営しながらコンサルティングを行っている場合は別であり、まさにこの方々に当社は案件を紹介したく他のエージェントと一線を画しているのである。その分、難易度は高いがコンサルタントの成長にも直結する案件が多いのが特徴である。

    事業家・経営者でありながらコンサルティングを行うというのは、ビジネスリスクを取ったことがある、取る判断をしたことがある点が非常に大きい。戦略レポート書きでは経験できないレイヤーだからだ。この経験は、コンサルタントとしても一皮むけた状態になり、ファーム在籍時代には会話出来なかった方々や内容に触れることが出来る。私自身もその一人である。PJでコンサルタントとして稼働しながら1年に1事業、を目標に実現してきた。どれだけ高稼働かは言うまでもないが、今では各業界の経営者の方々と毎月ゴルフに行ける(会話出来る)ようになったのがOutputだと信じている。

    このように、本質を見ながらコンサルティングができる人材を世に増やしたい、その結果、上っ面のコンサルティングではないので企業の業績向上にも裨益し中長期的に日本経済を盛上げたいという思いで、今後もCLINKF(クリンク)を育てていく。

  • 2020/01/20 CLINKF(クリンク)を起ち上げた理由①

    ダイスリンク株式会社を設立し6年、Win-Win-Winをベースに経営コンサルティング会社と事業会社をやってきました。
    関係者全員がHappyになる事を目指して。数字のみならず人間としての成長も併せて。

    しかし、コンサルティング業界にはこの5年で、案件・人材紹介のマージンエージェントが100社以上増えました。
    エンドやその先の顧客を見ず目先の利益を最優先する会社が・・・そして、コンサルティングValueを出せるが営業が得意でない人々が売り物に・・・

    将来を担う人材が高稼働で案件を捌く状態に・・・これだと新しいものが生まれず日本経済は疲弊していくだけ。
    そのため、事業家・企業家への道を作ろうと考えました。そして今のマージンビジネス界も変えようと。Valueを出している人が評価される世界に。

    CLINKF(クリンク)は、エンドへのアウトプット最大化と、そこに携わる実働者への裨益を最優先し、その先を中長期的に見るプラットフォームです。
    誠実に着実に成長させます。

    市場のフリーコンサルの課題については次回・・・

月別アーカイブ